胡蝶蘭 育て方 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ

胡蝶蘭の歴史について

投稿日:

投稿者: みらく 6年1月31日23時27分
ちょっと前ですが、系統関係についてのお答えありがとうございました。
現在市場に出ているコチョウランはメリクロン苗がほとんどである。
と聞いたことがあるのですが、それはいつごろからのことなのでしょうか。
ほかのカトレア、シンビについても同様なのでしょうか。
ご教授宜しくお願いいたします。
投稿者: こてつ 6年2月1日1時23分
「ほとんどである」はオーバーな表記ですが、現在の状況だと正しい表現かも知れま
せん。
まだ国内にメリクロンが増え始めて10年程度ですが、アッと言う間に市場占有率では
多数派となりました。
技術的には20年前でも可能でしたが、当時はフラスコ内での増殖スピードの遅い事や
、それを補うホルモンを使用して奇形が出たりして、リスクの多さに生産農家も敬遠
したため主流になれませんでした。
その後、台湾で急速に培養技術が進んで培地等も確立され、コチョウランのメリクロ
ンが大量生産されるようになりました。
敬遠していた国内生産農家でしたが、10年ほど前に和歌山の方がメリクロン製品の安
定性を市場にアピールした頃から導入を始めました。
市場や消費者にとっては、注文すれば同じ品質の物が届くという安心感もあり、メリ
クロン=オリジナル品種としてブランド化し大ヒットしました。
近年では生産コストの問題で台湾とのリレー栽培をする方が増え、安定した実績と品
種の多さから台湾製のメリクロン株が大量に入っています。
ただし、まだ国内で育種をしてオリジナル品で勝負している農家さんも多いので、や
はり実生株も流通しています。
カトレアやシンビに関しては、30年程前からメリクロンが主流となり、市場でも20年
前頃からはほとんどがメリクロンになったはずです。
ミニカトレアのような国内育種が盛んなものに関しては、現在も実生が多いです。
ただし大輪系カトレアやシンビでは、逆に実生を見つける方が難しい状況です。
以上は僕の見解ですが、紫蘭さんやその他の皆様の訂正・追記をお願いします。
投稿者: 紫 蘭 6年2月1日9時41分
こてつさんの言われるように、胡蝶蘭白大輪についてはほとんどなんでしょうね。ア
マビリス系についてはまだ実生も多いと思います。
ファレクロン品種への移行はこの数年のうちに急激に進みましたが、最近はその弊害
も多く出ています。
苗の増殖と栽培を、海外で行なって開花直前の株を仕入れて、日本では開花処理だけ
を行なう栽培様式(リレー栽培)が一般的になってきています。
投稿者: みらく 6年2月1日16時54分
こてつさん、紫蘭さん回答ありがとうございます。
現状では、国内オリジナル品種を除けば、やはりメリクロン苗が主流なのですね。
よくわかりました。ほんとうにありがとうございます。
投稿者: こてつ 6年2月1日18時29分
ごめんなさい、書き方が悪かったです。
生産農家さんは、皆さん自園だけのオリジナル品種を作出するために交配して実生苗
を作ります。
また、形質のバラつきが少なく花形などの性質が安定した子供を産む、実績のある親
同士を使って交配し苗を作ります。
この苗からの開花株の中から下記に該当する株があれば選別します。
①次世代の交配親にする個体
②自園オリジナル品種としてメリクロン親とする個体
といってもこれらに該当するような特別な個体は少なく、ほとんどの株が単なるコチ
ョウランとして市場に流通します。
これが市場に見られるメリクロン以外のコチョウランです。
投稿者: みらく 6年2月2日16時26分
えぇと。
実生苗を作ろうとして販売するわけではなく、
オリジナル品種作出の副産物的な実生苗を販売。ということでしょうか。
投稿者: こてつ 6年2月2日18時56分
メリクロンよりも苗の完成が早く、奇形などのリスクの少ない点で、実生苗から生産
している農家さんも多いです。
これが前回記載した「安定した形質の子を産む親を使った交配」です。
オリジナル品種作出を狙った交配でも、狙って当たる確率は低く、ほとんどが市場に
流通します。
副産物・選別外という言葉だとゴミみたいな印象ですが、立派に愛情と手間をかけて
育てている物です。
生産農家さんでは最初から1交配2000~5000もの苗を育てる訳で、副産物という訳では
ありません。
メリクロン化しようと思える良個体は、どれだけ交配しても滅多に出会えるものでは
ありませんから。
投稿者: みらく 6年2月2日19時19分
ありがとうございます。
なかなか生産者の方や市場の状況に触れる機会がないので、
大変参考になりました。
メリクロン苗でも実生苗でも大事に育てたいです。

-胡蝶蘭 育て方, 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ
-, , ,

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.