蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ

東洋蘭 水苔とクレーボール

投稿日:

投稿者: 小谷
台湾から輸入した、カンラン系統の東洋蘭をそだてております。東洋蘭は普通の、ヨ
ウランのシンビジウムよりも、そだてにくいと感じています。今までに、バーク、み
ずごけでそだてておりましたが、ミズゴケはぷら鉢ではあまり根がそだたなくって失
敗。バークは水ごけよりはましでしたが、いまいちです。それで、今回はクレーボー
ルでうえております。鉢はカンラン用のプラスチック鉢ですが、期待したほどできが
よくありません。(私がへたくそだからでしょうが。。。)
さて、質問ですが、春蘭、カンランの本をよんでいると、ミズゴケ上はいたんだ株や
、小さい株のみにして、あるていど、げんきになったものは、とうようらんのための
用土(軽いし、鹿沼土、砂、クレーボールなどなど。)に植えたほうが、株がしまっ
てよい、とかいておりますが、この株がしまるとはどういうことか、教えてください
。つまり、ミズゴケだと根がよくのびるが、株がしまらないということでしょうが、
水ごけにずーっと植えているとどういう悪い結果がでるのか、教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿者: Sara
専門外ですがとりあえずコメントします。
プラ、ミズゴケは乾きにくくなる為根をたくさん張る必要が無くなる?ので素焼き鉢
に比べ根の張りは当然よく有りません。
この時、株は大きくなりますが根は少なく花が咲いたときなどに花持ちが悪くなるこ
とがあります。また病気にもかかりやすいような気もします。
反対に素焼きミズゴケは(管理の仕方にもよりますが)乾燥しやすいので
株はぶくぶくとは大きくなりませんが水分を求めて?根がたくさん伸びるので
乾燥に強く、開花時にも花持ちが良いように思います。
この状態が「株がしまった状態」だと思います。
バークなどは通気性がよく根の張りがすばらしくいいのですが、
水遣りのタイミングを逃したり、乾きすぎに注意しないと作落ちしたりすることもあ
ります。
1回ずつの水遣りがかなりしっかりしたものである必要があります。
鉢の中を洗い流すように潅水するなんて方もいます。
バークや軽石などはほとんど腐りませんが
コケは時間がたつと傷み始めて繊維だけが残るようになってしまいます。
そのまま植えておくと通気性も無くなり、
いたんだコケに囲まれた根は傷んでしまいます。(植え替えが必要です)
専門で無いのでこの辺で、、、
投稿者: 小谷
SARAさん、回答いただき、どうもありがとうございました。
おかげで、少しなぞがとけはじめました。
また、質問をさせていただきます。
大感謝!

-蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ
-, , ,

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.