オンシジューム他の育て方 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ

アメシエラ・フィリピネンセとジゴペタラムの育て方

投稿日:

投稿者: 板東太郎
アメシエラ・フィリピネンセとジゴペタラムを購入しました。育て方をご存じの方、
アドヴァイスをいただけないでしょうか。
具体的には、①日光②水やり③肥料④温度⑤鉢と植え込み材料、などの点に関してア
ドバイスをいただけると助かります。
ちなみに今、我が家での室内では胡蝶蘭が非常によく育ってます。胡蝶蘭に準じた環
境で、これらを育てても大丈夫なのでしょうか(ジゴペタラムはシンビジュームに性
質が似ていると聞いたことがありますが)。
アメシエラ・フィリピネンセは二鉢目です。前のやつは冬に水をやりすぎたようで枯
らしてしまい、非常に悔しい思いをしました。今度は何とか咲かせたいと思っていま
す。どうぞご助言のほど、よろしくお願いします。
投稿者: でん
Amesiella.philippinenseはシノニムにAngraecum.philippinenseがあり同じ物ですが
新属として独立したもののようです。日光は半日陰、温度は65F-75F(18℃―24℃)です
から中温で管理、湿度を高めて成長期には水をたっぷりと、薄い液肥を一ヶ月に二回
ほど与えるようです。水遣りが苦にならないのでしたらヘゴやコルクにつけるのがよ
いかもしれません。
 ジゴペタですがほぼシンビジュームと同じでかまいません、品種によっては一年に
何回も開花しますし中には花が咲きにくいものも有ります。根が弱く植え替え時に傷
めますとかなりの作落ちになりますので、バークなどで植え替えが楽なものを選んだ
方がよいと思います、50%遮光、肥料と水を好みます、氷点下にならなければ低温に良
く耐えます、低中温での管理が最も良い条件です。
 胡蝶蘭は高温での条件を最も好みますので前述の二品種とは異なった環境になりま
す。
投稿者: 板東太郎
早速のお返事、ありがとうございます。アメシエラ・フィリピネンセについて、もう
少々お伺いしたいことがあります。
育てるにあたり、我が家で一番問題になるのが冬季の室温です。最低室温は、恐らく
10度以下になっていると思います(部屋の中央に移すなどしてどんなにがんばって
も10度程度でしょう)。こうした環境の中での水やりはどのように行えばいいので
しょうか。水を好むということですが、どのくらいの頻度で(例えば、表面が乾いた
ら与える、もしくは、表面が乾いてから2,3日してから与える)水を与えればいい
のでしょうか。
投稿者: でん
冬期の水遣りですが10度前後ですと冬眠状態ですからあまりざぶざぶやると根が腐
りますので、葉に霧吹きで毎日、株には1週間に一度ぐらいで肥料も暖かくなるまで
やらない方が良いと思います。(決して冷たい水はやらないで下さい)
投稿者: 板東太郎
コメント、ありがとうございます。おっしゃるように管理してみます。

-オンシジューム他の育て方, 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ
-, ,

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.