蘭の育て方(基礎) 胡蝶蘭 育て方 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ

ファレノプシスの植え直し

投稿日:

投稿者: 窓際OL
はじめまして。
わたしは会社で会社に送られてきたファレノプシスを育てています。
質問は二点あります。
今年7月に送られてきた鉢を、手引書通りに素焼きの鉢に植えなおしました。
すると、1株は根本が腐って倒れ、1株は葉っぱに黒い斑点が。
これは病気ですよね?もうだめでしょうか。
鉢を置いている場所は窓際で、午後3時間くらい日光が当たります。
水は2~3日に1回根本にあげています。
二点目の質問ですが、去年いただいたファレノが今年も咲いたのはいいですが、
花茎から葉っぱが出てきました。最近は根っこも出ています。
株分けが出来そうですが、どう切って何に注意をすればいいのでしょうか。
どうか、困りきった窓際OLにお答え下さい。
よろしくお願いします。
投稿者: 相模オールドマン
はじめまして、ギフト用の胡蝶蘭はほとんどがなん株かの寄せ植えで鉢も素焼き鉢で
は無く鉢内の水が乾きにくい化粧鉢に植えられていますし、プラスチックの鉢に一株
ずつ植えられているのをそのまま大きい鉢に寄せ植えしている場合があります。故に
水やりが非常に難しく花を最後まで鑑賞すると多々腐り病が多発します。
置き場所も窓際だとクーラーの効いている事務所でも胡蝶蘭は暑がります。
鉢内の水がお湯になる可能性もあり最悪の環境になって、腐って下さいと
言っているようなものです。
腐った物は処分された方が良いと思います。(黒点も同様、環境が悪いと
軟腐病が発生すると思います、気をつけて下さい。)
プロでもこの病気に四苦八苦しています。
植替えされた株は50~60%くらい遮光した温度変化の少ない所で1ヶ月くらい養生さし
て下さい。
ニ点目の質問の物も切って(取って)植えて下さい。ただし葉の長さが10
cm以上になってから!管理は上記の植替え株と同様の場所で、養生では無く栽培管理
して下さい。
鉢内の水の乾き具合の判断は、管理している場所により全く異なります
の注意して下さい。乾いたらたっぷり。
判断方法は乾いている時(植替えした直後の重さ)と水をかけた時の鉢を持った時の
重さで判断しています。数が多いと不可能ですね
・・・参考程度に 後は添付の手引書を参考にされれば問題は無いと思います。
今度蘭道場に判断方法の皆様の極意を聞いてみましょう?
投稿者: 窓際OL
相談をした窓際OLです。
相模オールドマンさん、ご回答ありがとうございました。
水がお湯になる、というコメントを読み、ぎょっとしてしまいました。
日光が当たっているときに水やりをしたことも過去にあったので、冷や汗もの
です。まさしく腐ってくれ、と言っているようなもの・・・
さらにまた質問があります。
現在、化粧鉢が4つあります。
そのうち2つが去年のもので、今年2回花が咲きました。
手引書を読むと、花が終わったら花茎を切れ、とありますが、なにぶん素人なので
切ってしまうともう花茎が出てこないのではないか、と不安で切れません。
しかもまた新しい芽?が花茎の先についているものがあります。
今年の二鉢も切らずにいます。実はまだ植え替えも・・・
はじめに相談した鉢は「素人のわたしでも植え直しに成功するか」の実験鉢?
だったのです・・・すいません
結果はみじめなものでしたが。
しかし、置き場所を変えれば復活するかもしれません・・・よね?
化粧鉢から素焼きの鉢に植え替えしたら、全部で10鉢になってしまいます。
簡単に水やりの判断が出来る方法、ぜひ教えてください。
投稿者: 相模オールドマン
またまた相模オールドマンです。あまりの暑さで事務所で仕事をしています。おもっ
きり花茎(ステム)を切って下さい。株より5~10cm位残して切って下さい。
なにも心配無いです。ステムの先にあるのはたぶん花芽でしょう。事務所等のクーラー
の効いている部屋にあると低温により花芽分化が起こります。しかし時期が過ぎてい
れば株の為にもだらだら咲すことはあまりお薦めできません。
また、満開に花が咲いたら枯れるまで鑑賞しないで切り花で鑑賞することもお薦めします。
胡蝶蘭のような着生蘭は枯らすことは非常にむづかしいですが腐らすことは簡単です。
ゆえに鉢数か増えても蘭の花が咲くことをお望みなら単鉢(乾きやすい)にして下さい。
増えた分はプレゼントしましょう。栽培の情報交換にもなり、プラスαがあることは間違いな
いです。
水やりの嫌いな方の方が良く咲いている例もあります。失敗は成功のもとで
どっぷりと蘭の世界に入って下さい。『置き場所を変えれば復活するかもしれません
・・・よね?』室内での敵地を探すことも大事です。実行して下さい。

-蘭の育て方(基礎), 胡蝶蘭 育て方, 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ
-, ,

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.