蘭の育て方(基礎) デンドロビューム 育て方 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ

デンドロビュームの植込み材は・・・

投稿日:

投稿者: みちこ
このところ話題の植替えのことで質問です。
我が家のデンドロは現在プラ鉢にバークでうえられています。
これを植え替える場合に同じバークのほうがいいのか
それとも水苔のほうがいいのか迷っています。
同じ材料の方が根のつきが良いとも聞くし、
やはり水苔に変えるほうが良いとも聞くし・・・
自分の性格的にはずぼらに管理できる水苔が希望なのですが、
初心者にはバークのほうが植え替えやすそうだし。
ご指導お願いします。
投稿者: 木村
こんにちは。
水苔とバークの違いは、以前のQ&Aにありましたね。
水苔の特徴は
・水持ちが良く、水やりの回数が減らせる。
・肥料持ちが良く、肥料が効率良く効果を発揮する。
・熟練しないと植える硬さが揃わず、水の乾き方に差が出る。
・価格が高い。
バークの特徴は
・誰でも簡単に植えられる。
・水の乾き方が均一で、水やりが簡単。
・水が乾くので、水苔よりは水うちの回数が多くなる。
・肥料持ちが悪く、できれば液体肥料の散布をして欲しい。
・価格が安い。
これからは新芽も伸び、それに伴って新根もたくさん出る時期です。
植え込み材料が変わっても、適切な時期の植え替えであれば問題ないと思います。
デンドロの場合は、大きすぎない鉢に植え替えることがポイントですね。
それよりも、必要なだけの水・肥料・光線を与えることが肝心です。
これらの要素は与えれば与えるほど良いですが、必要量の限界を超えるとマイナス効
果になります。
その限界点「これ以上は必要ないよ」というのを見極めるのが大変ですが。
特に夏場は乾きますから、デンドロはたくさんの水を欲しがります。
そこで頻繁に世話ができないのであれば水苔がお勧めです。
後は、できるだけ株や葉の「色・つや」を見るようにしてください。
水や肥料が足りない時は必ず「色・つや」が悪くなります。
毎日見てると変化に気付きにくいですが、これがわかると一人前だと思います。
がんばって、来春に立派な花を咲かせてください。
投稿者: みちこ
木村さん、返事ありがとうございました。
とてもわかり易くて心強い限りです。
質問ついででもう一ついいでしょうか。
4号鉢に3株寄せ植えされたデンドロ(バルブは4本ずつ位)は
根の量がほぼ同じだった場合、何号の鉢に分けるのがいいのでしょう。
毎日小さな子供を放っておいて株を覗き込んでは
喜んだり心配したりしています。
来年も花が咲いてくれることを願っているのですが、
なにしろ全てが初めてで・・・
投稿者: 木村
こんにちは。
このHPはデンドロに関しては生産してらっしゃるプロの方が多いので、コメントも緊
張します。違っていたら誰か訂正・助言してください。
洋蘭など生物全般ですが、初めてでも熟練者でも「とにかく見てやる事」ですよ。
いつも見てれば悪い結果にはなりません。
たとえそれで枯らしたとしても、次回への苦い経験として頑張ってください。
4号鉢に3株だと、たぶん2.5号鉢だったものですね。
これを植えるのであれば、3号鉢でいいと思います。
よほど根が多いのであれば3.5号でも可。
ここでポイント。
デンドロは順調に育つと、必ず今より背の高い株になります。
例えば現在30センチの高さであれば、次のバルブは45センチとか50センチにな
る可能性が高いです。
「そんなに大きくなっては困る」という方は、バックバルブを切ると大きくならずに
済みます。
バックバルブというか、今年咲いていた株の軸を半分以下に切るのです。場合によっ
ては根本から切り株を残して切り落とします。
理論的に言うと、バックバルブの養分を使って新芽が伸びるのですから、養分を減ら
せば伸びる分が減ると言うことです。
いきなり切るのが心配な方は、新芽が出てから切るのが安心です。
とはいうものの、初めてのデンドロですからそのまま育てましょう。
一年通して育ててみないと、どんな状態になるのかわからないでしょうし。
3号か3.5号鉢に水苔でやや硬めに植えるのが望ましいです。
倒れないように、支柱でバルブをまっすぐに立ててください。
それでしっかり乾くまで放っておき、手で持ち上げて「乾いた時の重さ」を覚えまし
ょう。そして天気のいい日に水をたっぷりあげて「いっぱい水を吸った時の重さ」を
覚えましょう。
そうして慣れれば、鉢を持っただけで水の乾き具合がわかるようになります。
やはり生き物ですから「何日に一回」と決まった水やりでは上手く育ちません。
乾き具合で水やりも早くなったり遅くなったりしますから。
頭で覚えるよりも、体で覚えると言った感じですかね。
投稿者: みちこ
こんにちは、お礼が遅くなってすいません。
>たとえそれで枯らしたとしても、次回への苦い経験として頑張ってください。
ありがとうございます。この言葉、とっても嬉しかったです。
>デンドロは順調に育つと、必ず今より背の高い株になります。
全く知りませんでした。がんばってかわいがって大きくしたいです。
このところトラブル続きで何だか落ち込んでいたのですけど
励みになりました。またよろしくお願いします。

-蘭の育て方(基礎), デンドロビューム 育て方, 蘭の育て方 /たのもぉー蘭道場 アーカイブ
-, ,

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.