デンドロビューム 育て方

デンドロビュームのバルブを伸ばすには、

投稿日:

デンドロビュームを購入した年に植え替えをして、鉢を大きくしたのですが
去年は大きくなっていたバルブにそのまま花が咲きました。
今年はその後にでたバルブに花がついたのですが、
バルブが皆短く、去年の半分ほどの背丈しかありません。
鉢が大きすぎたのでしょうか。

今年も植え替えを考えていますが、
株を分割するのは、私にはあまりにハードルが高いので
できればこのままそっくり大きな鉢に植え替えたいです。
そうすると、出てくるバルブもまた短いものになってしまうのでしょうか。
バルブを大きく育てるにはどうしたらいいでしょうか?

お答え

バルブが小さくなる原因となる状況は3つあります。

① 2.3月、置いてある場所での最低夜間温度が、20度近くある
② 冬の間、ずーっと5度くらいしかないところに置いてある
③鉢が根で一杯で作落ちしてしまう

のいずれかです。

①②は「新芽が出る時期」のズレによって新芽が伸びきることが出来ません。

----------

では、バルブを伸ばす方法です。

デンドロの場合は、

多分、1月くらいまでは、10℃以下に冷やさないと花がつきにくいので
そこまでは冷やします。

しっかり花芽が出てから

日当たりがよく、夜間も18度以上の暖かめのところへおきます

すると、花の成長と共に、新芽も出始めます

新芽が1cmくらいになったら

今度は、日当たりの良い夜間温度が15度以下のところへ置きます。

この作業を2,3,4月までに行えると、長いバルブが出来、たくさん花がつけられます。

細かい植物生理が関係しているのですが、
行うことはこの手順です。

--------

植え替えをして、根の伸びるスペースが出来ると
若干大きくなることも出来ます。

--------
また、4,5,6,7月頃に、新芽が伸びることに対し、
与える水を大目にしてやると少しだけ、より大きくなります

----------

言ってしまえばこういうことなのですが、

現実は、一鉢のためになかなか難しいのではないでしょうか。
専用の温室が必要になります(笑)

ミニデンドロ場合、今回頂いた画像のような短いバルブに天辺だけ咲く
咲き方もかわいらしくて良い様に感じます。

情報がお役に立てれば幸いです。

皿井

 

-デンドロビューム 育て方
-

Copyright© 蘭の達人PRO.com , 2017 AllRights Reserved.